1. TOP
  2. フケの原因はシャンプーだった!正しい洗髪方法とシャンプー選び

フケの原因はシャンプーだった!正しい洗髪方法とシャンプー選び

フケ

「フケ」は頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、身体の他の部分でいえば「垢」と同じようなものです。

新陳代謝によっておこる「生理現象」なので、フケが出ること自体は問題ありませんが、フケが大量に発生している場合は頭皮トラブルが原因かも知れません。

「肩のフケ」は女性の意識調査でもイメージが悪いので、男性としては気をつけたいポイントですね。

フケが出る原因

 

正しいサイクルで剥がれ落ちたフケは細かくて目に見えない大きさです。目に見えるフケが目立つようだと頭皮トラブルの可能性が高いので、この場合は原因を見極めケアしていきましょう。

実は「フケ症」は2種類に分類されます。それぞれ原因とケア方法が違うので、先ずは自分がどちらのフケ症か確認しましょう。

乾性フケ

パラパラと乾いたフケで、頭を掻いたときにポロポロとこぼれおちるのが特徴です。

脂性フケ

脂っぽく湿り気を帯びたフケで、頭を掻いたときは飛散せず、爪に付着するのが特徴です。

フケ

一般的に「フケ症」といわれるレベルの人は脂性フケの場合が多く、どちらかというと乾性フケよりも脂性フケの方が症状が重いといえます。自分のフケがどちらか分ったら、その原因を把握し、しっかりケアしていきましょう。

 

乾性フケの原因と対策

乾性フケ

乾性フケの原因

シャンプーによる皮脂の取り過ぎ

頭皮にはある程度の皮脂は必要です。洗浄力の強いシャンプーで皮脂を落とし過ぎると、頭皮が乾燥しフケの原因になります。フケを気にするあまり何度もシャンプーするのは逆効果になる場合もあります。

運動不足やストレスによる体調不良

運動不足やストレスは血行や代謝力を低下させ、頭皮環境が悪化してしまうケースもあります。頭皮に必要な皮脂、栄養、水分が不足すると、頭皮は乾燥していまい、フケの原因になってしまいます。

栄養不足

頭皮に十分な栄養が行き渡らないと、頭皮は荒れてきます。偏った食生活が頭皮を乾燥させ、フケの原因になってしまうケースもあります。

パーマ・カラーリングによる頭皮ダメージ

パーマ液や白髪染めで頭皮が荒れてしまうのは珍しいことではありません。刺激のあるパーマ液や白髪染めは少なからず頭皮にダメージを与え、肌荒れからフケの原因になることがあります。

乾性フケを効果的にケアするには

乾性フケの原因は「頭皮の乾燥」がほとんどです。頭皮に潤いを与え、健康な頭皮環境に戻してあげることが大切です。

シャンプーのやり方を見直しましょう

フケを気にするあまり1日に何度もシャンプーしたり、ゴシゴシ洗うのは頭皮の乾燥を招きます。シャンプーは1日1回で十分です。指の腹で優しくマッサージするように洗ってみましょう。

シャンプーを変えてみましょう

一般的に市販されているシャンプーは「高級アルコール系シャンプー」に分類され、洗浄力が高く刺激が強いという特徴があります。もし今高級アルコール系シャンプーをお使いなら、「アミノ酸系シャンプー」に変えてみることをおすすめします。

頭皮に合わないシャンプーを使用しても頭皮環境はなかなか改善しません。アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱く、頭皮に適度な皮脂を残してくれるので、頭皮環境を整えるには最適です。

※詳しくは「育毛シャンプーの効果を検証!育毛シャンプーが髪にもたらす効果とは?」をご覧ください

ヘアケア剤や整髪料の使用を控えましょう

フケが出ているときは、ヘアケア剤やワックス、ジェルといった整髪料の使用はできるだけ控えましょう。ヘアケア剤や整髪料は毛穴に詰まりやすいので、頭皮環境がさらに悪くなってしまうこともあります。

適度な運動を心掛けましょう

無理をする必要はなく、自分自身が楽しみながらやれる運動を始めてみましょう。
適度な運動は全身の血行がよくなりますし、ストレス解消にもつながります。頭皮まで栄養を届けるのは血流ですので、健康的な頭皮のためには大切な事です。

バランスのとれた食事を心掛けましょう

髪を生成する「タンパク質」「ビタミン類」「亜鉛」を意識しながら、バランスよい食事を心掛けましょう。必要な栄養が届かない頭皮は「肌荒れ状態」です。髪や頭皮のためにしっかりと栄養を摂取しましょう。

 

脂性フケの原因と対策

油性フケ

脂性フケの原因

シャンプーによる皮脂の取り過ぎ

乾性フケと同様に皮脂の落とし過ぎは脂性フケの原因でもあります。皮脂を落とし過ぎると、不足した皮脂を補うため頭皮がいっせいに皮脂の分泌をはじめます。過剰に分泌された皮脂と頭皮の垢が混ざり合い「脂性フケ」を引き起こします。

糖分や脂肪分の取り過ぎ

糖分や脂肪分は皮脂の分泌を増加させます。普段から甘いものや揚げ物を好んで食べている場合は要注意です。また食事メニューが偏っていると、頭皮に必要な栄養素が不足するのでトラブルにつながりやすくなります。

整髪料の洗い残し

スタイリングワックスやジェルには大量の油分が含まれています。この油分はシャンプーで洗い流したつもりでも頭皮や毛穴に残りやすく、脂性フケの原因になります。

頭皮が不潔

シャンプーの回数が少ないなど、頭皮が不潔な状態は当然ですがフケの原因になります。お湯だけの洗髪(湯シャン)でもしっかり洗えばある程度の汚れは落ちますが、洗髪行為そのものをしないと、どんどん頭皮環境は悪くなります。

脂性フケを効果的にケアするには

脂性フケの原因は「皮脂の過剰分泌」がほとんどです。シャンプーや普段の食事などで頭皮環境を改善していくことが大切です。

シャンプーのやり方を見直しましょう

シャンプーで皮脂を落とし過ぎると、人によっては皮脂の過剰分泌を引き起こします。これが毎日となると、常に皮脂分泌を繰り返す頭皮環境になります。

乾性フケと同様にシャンプーは1日1回、指の腹でやさしくマッサージするように洗いましょう。1日に何度もシャンプーするのは逆効果です。

シャンプーを変えてみましょう

こちらも乾性フケと同様、皮脂を落とし過ぎない「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。一般的な高級アルコール系シャンプーは洗浄力が高すぎるので避けた方がいいでしょう。

※詳しくは「育毛シャンプーの効果を検証!育毛シャンプーが髪にもたらす効果とは?」をご覧ください

糖分、脂肪分の多い食事は控えましょう

甘いものや肉類の食べ過ぎは、皮脂の分泌を増加させてしまいます。コンビニ弁当や外食はなるべく控え、普段から和食を中心にバランスのよい食事を心掛けてください。

整髪料の使用は控えましょう

フケが出ている間は、ワックスやジェルなど油分を大量に含んだ整髪料の使用は控えて下さい。洗い残しが毛穴を詰まらせ、頭皮環境が悪化する可能性があります。どうしても使用する時は、毛先だけにつけ、頭皮付着しないように注意してください。

症状が深刻な場合は病院で診察を受けましょう

フケや痒みが酷い場合は、感染症に掛かっている可能性もあるので、一度皮膚科で診察を受けましょう。セルフケアでは改善しない場合もあることも覚えておいてください。

 

この記事に興味ある方は、こちらの記事もおすすめです。

プレミアムブラックシャンプーの評価は?話題の黒い育毛シャンプーを試してみた!
馬油シャンプーがすごい!馬油が髪や頭皮にもたらす4つの効果
「髪様シャンプー」で薄毛は改善する?3万人の薄毛を救った驚きの洗髪方法
知らないと危険!朝シャンによる抜け毛を防ぐ3つの方法

まとめ

乾性フケも脂性フケも間違った洗髪による「皮脂の落とし過ぎ」が原因のひとつです。普段のシャンプーがいかに大切かお分かりいただけたのではないかと思います。

1日に何回もシャンプーしたり、ゴシゴシと力まかせに洗うのはフケの原因になりますし、先々は抜け毛や薄毛の原因にもなります。シャンプーの時は洗いすぎに注意しながら「やさしく洗う」ことをわすれないようにしてください。また、健康な頭皮、髪のためには、適度な運動、バランスのよい食事、質の高い睡眠などの生活習慣の見直しも忘れずに。

 

「湯シャン」でフケ症が解消したという実例もありますので、参考までにこちらの記事も合わせてご覧ください。

【関連記事】
シャンプーはハゲる!シャンプーを使わない「湯シャン」派が急増中!

\ SNSでシェアしよう! /

育毛・発毛のことなら!育毛ライフの注目記事を受け取ろう

フケ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育毛・発毛のことなら!育毛ライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • タバコがAGAを進行させる?喫煙習慣が招く恐るべき薄毛ストーリー

  • 薄毛対策を間違えてない?実は逆効果だったNG薄毛対策5選

  • 白髪の原因は生活習慣にあるかも!白髪を予防する4つの食べ物

  • 鏡だけで大丈夫?薄毛の兆候を見逃さない4つのチェック方法

  • 固い頭皮は薄毛の前兆!セルフチェックでわかる薄毛診断

  • プレミアムブラックシャンプーの効果は?話題の黒い育毛シャンプーを試してみた!